万年ダイエッターの私が一番痩せた方法、だけどもうやりたくない方法を記します。

それは、皆さんも1度はやったことがあるであろう、食事制限。それも過度な食事制限です。

朝は食べない、昼は食べるけど少量のおかずだけ。もちろん糖質とか摂取カロリーとか全くの無視でただただ少しだけ。そして夜は朝同様食べません。

こんな生活をしていると2週間でするすると7キロほど落ちました。やはり、目に見えて痩せたことがわかるので楽しかったです。

でも不健康だった。痩せはするが、引き締まりはありません。そして、これだけ短期間で7キロ落ちたことを経験すると、いつだって痩せられる気になり太っては痩せてを繰り返すようになりました。

そうして、痩せにくい身体ができあがりました。

そうして今取り組んでいるのが、昔の人ダイエット(笑)結局は、加工物や添加物をとらず身体によいものを適度な量で摂取して適度に身体を動かせばよいのです。

なので、何か食べたいと思ったときに「これは昔の人は何かわかるかな」とまず考えます。

例えば、ポテトチップス。これって昔の人が見ても「なんだこれ?」状態になると思います。もしかしたら、食べ物と思わないかも。

で、昔の人はわからないだろうなと思ったらそれは加工物だから食べません。

そう考えると、おのずと身体によいものを摂取できるようになり、自然と痩せていくと感じ実践しています。

あとはゼロキャロ。これだけは飲み続けることで効果がでるので、やめられないです。

高校生の頃からずっと体型が気になって、痩せたいとずっといっていて、ダイエットを続けていました。

運動やサプリメント、エステや食事制限、マッサージなど色々試しましたが続かなかったら、合わなくてイライラしたり、継続して成功した例はありませんでした。

体重をいつも適当なタイミングに量っていましたが、家族からの『いつも同じ時間に量らないと違い分からないんじゃないか?』ということばに、確かに!と思って、それから、朝起きてすぐ(水とかも飲まずにすぐ)と、夜お風呂に入る直前とタイミングを決めました。

面倒くさがりなので、痩せるためだと思って、お風呂前に測れるよう脱衣所と、朝測れるよう部屋にかわいい体重計を新調しました。

それぞれの折れ線グラフを作ると、差や変動がよくわかり楽しかったです。

分析が好きなので、もともと食べたものは記録していたので、何を食べると増えるとか、食べる時間での違いを分析することもできたので、2回の測定は苦でなく、自分の身体に向き合う時間を作れたことで、ダイエットで体重の減量はもちろんのこと、待ってる時間が増えたことで美意識もあがりいいことだらけでした。

ダイエット▲5kgできたことで自信もついて、かわいい洋服など楽しく着れています。

「ダイエットは食べないこと」

そう思ったことはありませんか?

私は体重が急激に増え、膝の痛みを感じたので、「ダイエット」という目的から食べる量を急激に減らした時期がありました。しかし、体重が少し減った瞬間、食べるのを我慢していたことの反動から、たくさんのお菓子や肉類を食べてしまい、結局リバウンドした経験があります。

つまり、食べる量を急激に減らすダイエットは、後から反動がきてたくさん食べてしまうので、結局逆効果となるのです。

そもそも、体重が増えるのは栄養が偏ることから起こります。

そのため、野菜・肉・魚・豆類などといった色々な食材を満遍なく食べることが大切です。

たとえば、普段はお肉料理でお腹をいっぱいにするとしましょう。その場合、少し食生活を改善させ、お肉料理を半分、野菜料理を半分にしてみると良いかもしれません。

朝はお米とお味噌汁といった場合、血液をサラサラにする作用がある納豆を取り入れるのも良いでしょう。

私はこのように少しずつ色々な食材を取り入れていくことで、体重も減り、その習慣が続くと今でも現状を維持することができています。

好き嫌いや自分の「●●が食べたい」という欲望に任せて食べるのでなく、まんべんなく栄養を摂ることは大切だと感じています。

↑このページのトップヘ